ドライハーブの効果とハーブティーとしての楽しみ方

昔から、いろいろな効果がある事を知られ、いろんな効果を得られる薬湯として飲まれてきたハーブティーですが、そのハーブティーにはドライハーブのハーブティーとフレッシュハーブのハーブティーがあり、それぞれに良さがありますが、薬湯としての効能でいえば、ドライハーブのハーブティーが、効果は上となります。

そして多くの種類のハーブティーがありますが、薬湯としての代表的なハーブを紹介します。

まず始めはカモミールです、カモミールは実に多くの効能がある事が分かっています。
抗炎症作用、アレルギーを改善する作用などにも優れていますが、注目なのが、女性特有の病気や神経障害などにも効果があるということです。
植物性液エキス入りの化粧品にもカモミールが多く含まれているように、肌にもいいので、女性には飲んでもらいたいハーブティーです。

女性向けのハーブでもう一つおススメなのが、ローズヒップというハーブです。
ちょっと前に、美容に良いと話題になった事があるハーブなので、知っている人も多いと思います。
飲んでみるとすっきりとした酸味があるローズヒップはレモンの20〜30倍はあるともいわれるビタミンCに加え、ビタミンA、B、Eもかなり多く含まれています。
なのでローズヒップは女性には気になるシミやソバカスの予防対策にはうってつけで効果的です。
また、利尿作用や肝機能を高める効果もあるとされています。

そして、料理などでも幅広く使われ、ハーブの代表ともいえるかもしれないバジル。
このバジルはビタミンA、D、B2、カルシウム、リン、マグネシウムといった栄養素が多く含まれていてハーブティーとしても非常に効果が高いです。
風邪や頭痛、消化不良や百日咳きといった病気に対しても十分に効能を発揮してくれます。

様々な効能があるハーブティーですが、紹介した以外にも良いものはたくさんあります。
しかし、ハーブティーは紅茶や緑茶などに比べると癖のあるものも多いです。
最初から濃いハーブティーを飲むと、その風味に耐えられないということもありますので、最初は薄めに淹れて、慣れてきたら徐々に濃い目にし、ハーブティーの風味などを楽しむという方法のほうが楽しみやすいかなと思います。
ハーブコーディネーター1年生 | ハーブの情報

ハーブが好きならハーブテントに行って見よう!

ハーブテントとはタイに伝わる伝統的な療法です。
このタイの伝わるハーブテントは、アーユルヴェーダという学問を起源としてると考えられています。
そのアーユルヴェーダとはインドに昔から今に伝わる学問で、医学だけではなく、生活の知恵、生命科学、哲学の概念も併せ持った学問とされています。

とは言ったものの、よく意味がわからないアーユルヴェーダですが、簡単に説明すると病気になってから病気の治療するよりも、病気になりにくい体を作ることを考えている内容となっているようです。

このアーユルヴェーダの考え方がインドからタイに伝わり、これを元に考え出されたのがハーブテントであると言われています。
このハーブテントはハーブを蒸気として全身に浴びることによって、ハーブの持つ様々な効能が蒸気から体内に得られるとするタイの民間療法です。

それでタイ国内では、ホルモンバランスの適正化やデトックス効果、冷え性の予防や呼吸器疾患などに対して、効能が得られるとされています。

日本でも、リラクゼーションの一つとして、ダイエット効果や美肌効果、デトックス効果などの美容・健康効果が得られると、人気が出てきていますが、このハーブテントにはいくつかの注意事項があります。

ハーブテントは、スチームサウナと同じ様な状態になるため、高血圧、心臓病、肺病、微熱等、体に不調のある人にはおススメできません。

また、ハーブテントは発汗作用により、体内の水分や塩分を消費するので、水分をこまめに補給しながらあまり無理をしないようにしましょう。

これらの注意事項を守らないと、逆にハーブテントのせいで体調を崩してしまうことにもなりかねません。

ですがハーブテントの注意事項さえ守れば、いろいろな健康・癒し効果のほかに、ハーブの香りからリラクゼーション効果も得ることができますので、是非一度、試してみたいものです。
ハーブコーディネーター1年生 | ハーブの情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。